「バリュー・ネットワーキング」構想サービスパーツのJIT納品ソリューション

【島】海外販売拠点のサービスパーツ在庫を大胆に圧縮できないか?

© 弘兼憲史/講談社

「バリュー・ネットワーキング」構想で保守管理体制を合理化

サービスパーツを集約管理し、JIT納品。海外拠点の在庫削減、販売力強化へ

※ジャスト・イン・タイム

メーカー様にとって、海外市場へのサービスパーツや保守サービスの提供で課題となるのが、顧客からの厳しいリードタイム要求とサービスパーツ在庫の最適化です。

ヤマトグループの「サービスパーツのJIT納品ソリューション」は、各国に分散しているサービスパーツの在庫を1カ所に集約し、必要な時、必要なだけ、必要な場所にお届けします。

顧客からの厳しいリードタイム要求に応えながら、同時に海外拠点のサービスパーツ在庫は大幅に圧縮し、在庫の仕入れや管理のコストを削減します。また、各国の現地法人や販売代理店ではコスト軽減分をサービス強化に充てることも可能、メーカーにとって販売網強化、総在庫量の圧縮、サービスの品質安定化といった波及効果が期待できます。

課題

サービスパーツの早く確実な納品の実現とそのためのコスト負担

海外市場におけるサービスパーツや保守サービスの提供では、いつ提供されるのかあらかじめ分かること、そして早く確実に提供されることは、顧客にとっても現地の販売拠点にとっても重要な課題です。

そのため、サービスパーツを販売拠点あるいは顧客が事前に買い取り在庫しているケースもあります。それは顧客にとっても、また現地の販売拠点にとっても、初期投資や運用コストといった負担を増大させることになります。

メーカーから見ると、この負担の増大は、新規の顧客や販売チャネル開拓時の障壁ともなり得ます。また、各国の販売拠点や顧客が個別にそれぞれサービスパーツ在庫を持つことで、在庫数量の把握や管理が困難になり、メーカー本社側と現地の販売拠点や顧客で重複して過剰にサービスパーツ在庫を抱えるリスクが生じます。

「必要なサービスパーツが早く確実に届くこと」
「いつ届くのかが事前に分かること」

この2点が実現すれば、現地の顧客と販売拠点、そしてメーカーは、より安定的に事業やサービスを継続できるのです。

ソリューション

サービスパーツを集約し、スピード輸送と情報「見える化」でJIT供給

「必要なサービスパーツが早く確実に届くこと」「いつ届くのかが事前に分かること」を実現するのが、サービスパーツのJIT納品ソリューションです。

導入前(イメージ図)

羽田クロノゲートや沖縄国際物流ハブといったヤマトグループのネットワークを活用して、サービスパーツを集約。取引先のご都合に合わせ適時に受注し、アジア各都市への翌日配達(最短)など世界各国へスピード輸送することで、リードタイムを大幅に短縮します。

導入改善後(イメージ図)

同時に情報技術を活用して、「サービスパーツが今どこにあるのか」「いつ届くのか」といった在庫・輸送情報を、送り手のメーカーと受け手の現地販売拠点の双方が共有・管理できる体制とします。必要なサービスパーツの納品をあらかじめ把握できるため、現地販売拠点は顧客に対し、従来以上に高い精度での納品時期の連絡と素早い保守対応とを提供することができます。

メリット

サービスパーツの納品を安定させながら、総在庫をスリムに

「必要なサービスパーツが早く確実に届くこと」「いつ届くのかが事前に分かること」という2点をサービスパーツのJIT納品ソリューションで実現することは、顧客からのサービスパーツ供給や保守サービスへの要求に、高い水準で応えることを可能とし、その信頼を維持もしくは強化することにつながります。

さらに現地の販売拠点は、手元のサービスパーツ在庫を圧縮し、在庫の調達コスト、倉庫の賃料といった管理コストを削減することが可能となります。

負担軽減分を原資として、例えば「サービスエンジニア」の充実など営業面を強化し、事業や販売の拡大を図ることも可能です。新たな販売代理店などからすれば、在庫調達コストなどの障壁が下がることで、取り扱いを始めやすくなります。

メーカーにとっては、販売チャネルのサービス向上と拡大が期待でき、同時にサービスパーツを集約して管理することにより、総在庫を調整しやすくなります。

メリット

サービスパーツの海外からの調達にも対応。各国から回収した修理品を「日本」でメンテナンスする構想も

ご活用いただく羽田クロノゲートなどのヤマトグループのネットワークを保税倉庫として活用し、保税状態のまま在庫を管理することで、関税が発生する機会を減らせるというメリットもあります。これにより、例えば、サービスパーツの調達先がグローバルに分散した場合でも、保税状態での在庫集約が可能になります。

また羽田クロノゲートや沖縄国際物流ハブでは、サービスパーツ在庫をただ管理するだけでなく、修理・保守作業を行う機能もあります。各国から回収した修理品を羽田や沖縄でメンテナンスし、海外に返送するスキームです。

1) サービスクオリティーを安定化させブランドを守る

日本において自社で修理・保守作業が行えるため、保守サービスのクオリティーを高く保つことができます。国や拠点による保守サービスのばらつきもなくなるため、顧客からの信用向上にもつながります。つまり貴社のブランドを守ることになります。

2) 海外への技術流出リスクをゼロに

海外での修理・保守作業には、技術流出リスクが伴います。万全のセキュリティー体制が敷かれている羽田クロノゲートや沖縄国際物流ハブで自社スタッフが修理・保守作業を行えば、技術流出リスクをなくすことができます。また、サービスパーツ在庫の不正流出といったリスクも解消されます。

まとめ

サービスパーツ納品を安定させつつ在庫を圧縮、「販売網強化」へ

日本の製造業において、在庫の圧縮は大きな経営課題であり続けています。そのうち原材料在庫への関心は高いのですが、見落とされがちなのが製品出荷後の在庫コントロールです。

このサービスパーツの在庫管理および物流を見直すことは、顧客の要望に応え充実したアフターサービスの基盤を整えることにつながります。

また、さらにサービスパーツ在庫の圧縮により現地販売拠点の負担を抑え、販売網強化、そして売り上げ増加というバリューへとつながっていくことも期待できます。

ヤマトグループの「バリュー・ネットワーキング」構想では、物流技術(LT)はもちろん情報技術(IT)を駆使することで一括管理を実現。サービスパーツ在庫を圧縮することで負担を軽減し、サービス品質や販売網の充実を全力でサポートしてまいります。

まずはお問い合わせください。
皆様のビジネス課題を一緒に
解決していきます!!

お電話でのご相談・お問い合わせは

0120-17-8010

お電話・メールによるお問い合わせは、ソリューション・ラボがお受けします!